DIYでも施工できる!外壁塗装の施工手順について

下準備として必要になるアイテムなど

外壁塗装をDIYとして自主的に行う方も存在しています。一般的な一戸建て住宅で、2階建て以下の建造物ならば、その多くのケースで問題なく対処することができるでしょう。下準備として必要になる内容では、足場を用意することが挙げられます。足場はプロの施工店が使うようなものをリースとして借りることもできますが、経費を抑制することを希望しているならば、ホームセンターなどで販売されている脚立でも高さ的に適したものを入手できるでしょう。足場に関しては重要なポジションを占めているために、安全性を確保することが良い方法ですよね。

塗料など必要な資材を用意すること

ホームセンターに足を運ぶと、外壁塗装用として販売されている塗料を見つけることができるでしょう。ウレタンやシリコンなどを選択することが好ましい方法になり、ローラーを合わせて購入することによって、短時間で施工できる環境を整えることができますね。他には養生用としてマスキングテープを購入したり、ビニールシートなどを用意することも必要です。外壁の状態によってはシーリングや洗浄用の道具も必要になる場合も多く、補修材などを利用して下地を整えることも大切でしょう。

外壁の塗り方の基本について

外壁塗装をDIYで行う場面では、脚立を用いて高圧洗浄機などで外壁を洗うことが先決になります。洗浄機で落とし切れない汚れに対しては、ブラシなどを用いて手作業で洗い流すことも必要ですね。乾燥後には養生を行って、塗装作業に入ることが一般的です。塗装方法に関しては、基本的には高い位置から下へと塗り広げていく方法が最適になり、横幅に関しては脚立の位置を変えずに手の届く範囲に設定することも良い方法でしょう。最低でも2回塗り以上で仕上げることによって、綺麗な外壁塗装を完成させることができますね。

新築戸建て住宅でも、10年以上経つと太陽の紫外線や、風雨により塗装が剥げてきます。外壁塗装なら鎌ヶ谷に専門で行う業者があります。