賃貸に住むのだったら知っておきたいこととは!?

賃貸住宅のメリットとは

世の中には一生賃貸住宅に住み続けるという人がいる一方で、賃貸から出ていつかは自分の持ち家が欲しいと言う人がいます。その家に住む大人の考え方(父母の考え方)やその家の金銭的事情など様々な問題がある中でどちらを選ぶか決めていく必要があります。そこで、賃貸住宅のメリットとデメリットを知っておくべきです。賃貸住宅のメリットは何と言っても初期費用が掛かりにくいという点です。せいぜい30万円から50万円もあれば足りるでしょうね。

賃貸住宅のデメリットを知ろう

一方で、賃貸住宅にもデメリットがあります。例えば、何年住んでいても自分の家にはならないという点ですね。一戸建てやマンションの場合は、普通は購入する時にローンを組みますが、そのローンを払い終えると後は修繕費程度しかお金がかからないためとても負担が少ないだけではなく、立ち退きをしてほしいと言われても断ることが出来るのです。また賃貸の場合には高齢者は入居できないなどの決まりがあるところも増えているのです。

賃貸と持ち家の割合をご存知ですか!?

では、賃貸住宅と持ち家ではどちらのほうが多いでしょうか。これは年代別に見て行くと20代は実家に住んでいる人を除けばおよそ1割が持ち家で賃貸はおよそ9割を占めますね。ですが、30代になると結婚して子供が生まれる夫婦が多く、しかも所得が上がるため持ち家率がおよそ4割にまで上昇します。住宅購入をするのは40代が最後のことが多く、それ以降はあまり大きな伸びは見られません。ちなみい40代の持家率は6割ほどになります。

札幌市白石区の賃貸でいい部屋見つけるのが最適です。物件のバリエーションがかなりあるので選択肢も沢山あり安心です。