知っておきたい!敷金の現状と対策について

敷金を取り巻く状況も変わっている?

敷金とは、賃貸の部屋などを借りるときの「保証金」を意味するものです。しかしその額が高いということや、保証金なのに、退室した後(賃貸契約を終えた後)ほとんどお金が返ってこないなどの問題が指摘される現状もあります。現在では、敷金・礼金ゼロといった物件も見られるほか、国土交通省による(敷金の運用に関する)ガイドラインも示されているため、従来のように、ただ言われるがままに「泣き寝入り」するだけの状況とは違ってきていると言えるでしょう。

敷金の相場はいくら?

敷金を取り巻く状況は変わってきているとはいえ、やはり敷金の制度に従って初期費用を支払わなければならないというケースが一般的です。相場としては家賃の2ヶ月~3ヶ月分というのが全国的な平均ですが、東日本ではより安く、西日本ではより高いという地域ごとの傾向もあります。例えば家賃が5万円の場合は10万~15万円程度かかるということになりますし、さらに礼金や最初の家賃を加えると、不動産屋等へ支払う初期費用は20万~30万円程度になると考えておいたほうがよいでしょう。

敷金を安く抑える方法や注意点について

敷金や初期費用を抑える方法としては、敷金・礼金ゼロの物件や、敷金が1ヶ月分で済むような物件などを探すという方法があります。ただし人気のある物件は敷金等を高くしても借り手があるなどの理由があります。なので、ただ費用を抑えることだけでなく、自分の求める条件に合った物件を冷静に判断することも必要でしょう。しかし契約時に、「現状回復義務」という、いったいどのような条件で敷金が差し引かれるのかといった取り決めをしておくことも重要だと言えるでしょう。

一戸建てに住んでいると自分で家の維持や管理を行わないならないので、手間がかかってしまいますが帯広市の賃貸マンションは、賃貸なので一戸建てのように手間がかかりません。