注文住宅の問題点を知り、より良い住宅を建てよう!

イメージをしっかり持とう!

一戸建て住宅に住みたいという人の中には注文住宅に憧れている人はかなりの数がいます。注文住宅に憧れる理由は何と言っても自由設計ですね!自分達家族が住む家が自由に設計できるというこんな贅沢なことはありませんね。ただ、気を付けたいのは、どのような住宅にするかのイメージが明確にできていないと出来上がった家が建売住宅と大して変わりが無くなってしまいます。値段が高い建売住宅を建てても当初の自由設計を生かした自分たちのオリジナルの家を建てるという計画は崩れてしまいますね。

こだわり過ぎも後々大きな問題になるかも!?

注文住宅の魅力が自由設計であるとすれば、できるだけこだわるところにはこだわった造りのほうが満足感を満たしてくれますよね。設備や住宅の素材なども安いものにしようかそれとも高いものにしようか迷った時に、住宅を建てるのは一生に一度だし高いものを使おうということで予算オーバーになりながらも品質の良い家を建てる人もいます。ところが、後々勤めていた会社の業績が悪くなってローンの支払いが苦しくなり、家を売り渡さなければならくなることもあるので、予算に余裕がある時だけ高い素材や設備を使うべきですね。

モデルルームを参考にする時に注意するべきこととは?

注文住宅の計画を建てる時にはモデルルームを参考にしてみても良いですね。モデルルームは住宅を建てる時や購入する時参考にできる1分の1の模型のようなものですので、見ないよりも見ておいたほうが良いでしょう。ただし、モデルルームはそのハウスメーカーの顔ですので、オプションをかなり注ぎ込んでいるのですよ。だから、モデルルームがいかに美しく素晴らしく見えたとしてもそのまま真似をして家を建てるとかなりの額になることがあるので注意しましょう。

注文住宅とは、家が完成して販売している建売と異なり、注文者が建築会社に設計から注文して建てる住宅のことを言います。